「マイ・インターン」あらすじと感想

この映画は2015年に公開されました。

「マイ・インターン」あらすじ

ベンこの物語は、仕事を引退して妻を亡くした70歳の主人公ベン(Robert De Niro)がある日買い物に行った際にある広告を見つけたのが始まりです。

その広告とはジュールズ(ANNe Hathaway)が経営するインターネットファッションサイトの会社がシニアインターンを募集するというものでした。

ベンは日々の退屈な時間を何かで埋めたいと考えていたのでそのインターンに申し込むことにしました。

まずわたしの最初の好きな場面はこのインターンのために面接をする場面があります。

面接は日本企業が行うような硬いものではなくフラットな感じで、色な色人と今までの経験であったりを話します。

もちろん面接官の人はベンよリも若く、会話の内容がちぐはぐ。

それになんとか答えようとするベンの姿を見て欲しいです。

ベンはシニアインターンに合格し…

そしてその後ベンはインターンに受かってはれてシニアインターンとして働きはじめます。

そこでベンはジュールズのアシスタント的な役職に就きます。

ジュールズそこから物語はどんどんと展開されていきます。

あまりネタバレをしたくないので細かくは言いませんが、ジュールズには仕事の面でも私生活の面でも悩みを抱えていました。

それを最初は親と同い年くらいであるベンをあまりいいとは思っていませんでした。

ですがあることがきっかけで距離がグッと近づいて、どんどんジュールズにとってなくてはならない存在になっていきます。

そこからべんがジュールズが抱えている悩みに対して的確なアドバイスをしていき、ジュールズの公私の生活が良い方向に向かっていくという感じで話が終わっていきます。

ジュールズとベンの距離が近づくきっかけとなったシーン

そこでは少し驚くようなことがあるのですがそこはネタバレになってしますのであまり触れないようにします。

見て確かめて下さい。

心がすごく温かくなります。

メールの送信先を間違えて…

ジュールズがある日夫に送るはずだった母親に対する苛立ちのメールを間違えて母親のパソコンに送ってしまい、それを母親が確認する前に消して欲しいとベンたちに頼みそれを消しにベンたちがジュールズの親の家に潜入するという場面です。

ベンの同僚たちも個性が豊かでそのやりとりがものすごく面白いです。

ベンと同僚初めて映画館で見たとき結構大きな声で笑ってしまいました。
これが私の好きな場面です。

正直もっとあげることもできるのですが、ネタバレになりそうで嫌なので好きな場面をあげるのはこれでやめます。

いや。もう一つだけ載せます。

ベンとジュールズの娘のやりとりの場面

ジュールズの娘ジュールズの移動する車のドライバーもやりはじめたベンは、朝ジュールズを迎えにいくので毎日ジュールズの家にいきます。

そので家の中に通されてそこで初めて二人が会います。

ジュールズの娘はまだ5歳くらいで幼稚園に通っている感じ。

そんなことがあって毎朝顔を合わせることになっているので、だんだんとジュールズの娘はベンにも慣れてある意味惜おじいいちゃんのような立ち位置になってるような感じ。

そこである日ジュールズの娘が通っている幼稚園の友達の誕生日会にいくことになっていました。

けれどもジュールズは仕事があり、ジュールズの旦那も風邪を引いていて送ることができないという状況になってしまいました。

しょうがないからシッターさんに頼もうとするのですがジュールズの娘がそれを拒み、ベンに連れていって欲しいと頼んでそれをベンが承認して、車を運転して連れて行くという場面があります。

その車の中でのやりとりが面白くもあり、また本当のおじいちゃんと孫のやりとりのようにも見えます。

ドラマ映画って面白いんだなー

ジュールズこの映画を見るまでファンタジー系の映画が好きで見ることが多かったのですが、この映画を見たことによってドラマなどのジャンルも面白いんだなと感じました。

また内容がかなり現実味のあるものなので人間の他人に対する心情の変化を見るのも楽しいです。

またこの映画によって自分の中でのRobert De Niroさんのイメージがだいぶ変わりました。

わたしの中ではThe Godfatherに出てたイメージが強く、なんというか少し強面のイメージがありました。

しかしこの映画では笑顔がとても優しいおじいちゃんという感じで完全に自分の中でのイメージをいい意味で崩してくれました。

またもう一人の主人公を演じたAnne Hathawayに関してはやはりいつどの場面でもめちゃくちゃ綺麗です。

自分は『プラダを着た悪魔』で初めてAnne Hathwayを知ったのですが、全くその時から顔が変わることなくどんどん大人の色気を増している、まさに完璧とはこのことだろうという感じです。

今回は一児の母でもある役を演じているのですがその子役とのやりとりも本当の親子のように見えます。

実際に映画の記者会見の時の写真を見てもAnne Hathawayがその子役を抱っこして写真をとっているところを目にしてそこでもまた心があったまりました。

本当にこの映画は笑える場面あり、心が温かくなる場面ありの最高の映画だと思います。

英語の勉強にも◎

ベンとジュールズまた英語の勉強をするにあたっても、アクションであったりファンタジーとは違い日常生活なので会話で使えるようなフレーズも多くでできます。

なので英語の勉強でどの映画を見たほうがいいかと友達に相談される際は、必ずこの映画を推薦しています。

映画館で3回見て、またそのあとはDVDが発売されてすぐに購入して、最初は毎週のように見ていました。

今でも何か嫌なことがあったりしたらこの映画を必ず見るようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA