映画『ティファニーで朝食を』感想

誰もが知っているオードリー・ヘップバーンさんが主演されている、1960年代の映画になります。

日本では見られない景色に心奪われる

まず、映像や映りゆく景色が綺麗で日本では見ることのできない景色たちに癒されます。

日本にはない建物や家の造りが素敵で見入ってしまいます。

オードリー・ヘップバーンの美しさにどの場面も見逃せない

大きな帽子とサングラスがオシャレなホリー私自身、オードリー・ヘップバーンが出ているからという理由で見始めました。

部屋着のような服装からバッチリ決めているお洋服までいろんな姿をみることができますが、どれも美しいです。

そして姿勢や動きなどしなやかで女性らしく綺麗で理想の女性像です。

表情をコロコロ変え、男性を魅了するそんな姿に、確かにこの人がいたら夢中になってしまうよなぁと思わせられます。

私が一番好きなお洋服

ホリーの赤いコートポールとデートに行くときの赤いコートなのですが、このお洋服がこんなにも似合う人がいるのかというくらい美しくて素敵です。

他にもパーティをしている時のドレスのようなお洋服や大きいツバの女優帽をかぶっていたり、とにかく美しいので目が離せません。

オードリーのお化粧や髪型も綺麗で美しくて真似したくなる

化粧直しをしているホリー髪の毛が艶々でそして綺麗なハイライトが入っていたり、薄いベージュのような口紅が綺麗に馴染んでいたり、普通に着たら派手すぎるようなお洋服のバランスがとられていて凄く美しいです。

女性はお洋服やお化粧が大好きでいつまでも綺麗で美しくいたいものです。
それをしっかり表現しています。

お洋服も少し地味で髪型も少しボサッとしている時にデートに誘われたときに言う「こんなボサボサの髪でこんなお洋服で大丈夫かしら」というセリフに凄く共感しました。

女性にとってデートは特別でキレイに取り繕いたいし、かわいいと思われたい、そんな思いが真っ直ぐに表現されていて、そうだなぁそれでいいんだと肯定されているような晴れやかな気持ちになります。

そして地味でも髪がボサボサでもいい感じに仕上がっているところがまたさすがだなぁと驚かされます。

ストーリーの内容の深さに心が揺れ動く

話の終わりに近づくにつれどんどん内容の濃さや深さに気づかされました。

なぜか愛を恐れ、自己があるように見せかけていたホリーがそれに気づくまで、誰かを心の底から愛することができそれを認めることができるようになるまでのストーリーに感じました。

初めは男性を利用して、お金のためにデートをしたり嘘を重ねたりしていたけれど、ポールに出会いただ話をしたり、両者が初めてのことをしてみようと決めてデートをしてみたり…。

そういった積み重ねで本気で好きになるけれどそれを認めず愛の力を信じずに生きていこうとするホリーに気づけば涙が出ていました。

しかし男性からの「愛は必要だ」という言葉を受け入れ、信じ走り出す姿に愛の力に気づかされました。
すごく深い深いお話だったように思います。

見れば見るほどいろいろなことに気づき楽しむことができるようになるそんな映画になっていて何度見ても楽しい気持ちで見ることができます。

強いようで弱い女性を表現していてそれでもどうにか懸命に生きていく美しく綺麗でいることの大切さやオシャレをすると気分が上がることなど”女性の楽しい”もしっかり演じられたいはように感じます。

そしていつでも楽しそうに笑顔でいる姿に、こうなりたいと思わされます。

よくないことがあったりこれからどうするべき?ということがあっても笑顔でいたり、涙を流しても次の日にはしっかりと切り替えていたり、むしゃくしゃして気持ちをぶつけてしまった後にしっかり謝ることや、プレゼントを贈る気遣いにお互いが幸せになるような気遣いってすごいなぁと感心させられます。

なによりもこの世界観のトリコになる

ホリーが眠っているところただタクシーが通っているだけだけれどなぜかそれにも目が奪われます。

街並みも美しくて、非日常のような今の時代では表現することのできない映像の荒さや繊細さに心奪われます。

家の家具などもヨーロッパテイストなものだったりvintage感あふれるものだったり、とにかく綺麗で画面に見入ってしまいます。

そしてやはりなによりもオードリー・ヘップバーンの美しさや立ち住まい、そして演技に心奪われること間違いなしです。

誰もが憧れる理想の女性像であり、強くみせなくても人を心から愛せば何かが変わる、人から心から愛されれば何かが変わると思わされます。

ティファニーが好き

ホリーとポールがティファニー店内にいるところ。
そしてタイトル『ティファニーで朝食を』の通り、ホリーはティファニーが好きで、心を入れ変えたり心躍らせられたりそういう楽しみのためにティファニーがあるという一種のストレス発散法のようなもののひとつになっているところにいいなぁと感じました。

一度デートで訪れるティファニーでは指輪に名前を刻印してもらうのですが、そこでの彼との会話が可愛らしくてクスッと笑えるようなそんな場面です。

そこもすごくお気に入りのシーンの一つです。

ティファニーは綺麗で豪華でキラキラした世界観に簡単には見ることができない映像だと感じます。

ひとつひとつの映像や場所が日本では見ることのできない景色で、そして今のその場所もやはり当時と比べると見える景色は変わっているはずなのでその年のその場でしか表現できない映像たちにふと感激して涙が出てしまいます。本当にいろんな思いや綺麗な映像が詰まっています。

まとめ

雨の中猫を抱くホリー凄く熱弁してしまいましたがそれくらい絶対に一度はみてほしい映画です。

60年代の世界観からお洋服やお化粧の今とは違う表現の仕方に勉強になったり、心奪われたり、こうなりたいなぁといろんな思いが生まれたり前を向いて頑張る力をもらえたり…。

私にとってプラスになるような心躍る映画です。

自分自身では変えられないこと、どうすればいいかわからないこともとりあえず笑ってみる、とりあえずおしゃれをしたりメイクをして気分を上げてみる、悩みすぎずに切り替える力や人を愛すことを素晴らしさ、心を開けば見える明るい世界に力をもらえること間違いなしです。

絶対にトリコになります。
本当にオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA